元気過ぎる姿に要注意

看護師

体に起きる生理反応

元気であれば、健康に良いと思われている方もいらっしゃるかもしれません。元気過ぎすぎる心の病気もあり、躁状態と呼ばれる心の病気があるのです。元気が無い姿として、うつ病が有名です。躁状態の特徴は、元気の無い姿と逆の姿が現れやすい特徴があります。特に、顕著に現れやすいのでは、目の眼圧が高まり、一般的よりも違和感を感じるほど目が大きくなる場合もあるのです。心身に大きなエネルギーが生み出しやすく、言葉の声が普段よりも大きくなる場合もあります。神経が過敏に働きやすくなっているため、癇癪を起こしやすい姿も隠されています。心身に多き過ぎるエネルギーが生み出されているため、行動力が高まる場合があります。そのため、周りは、一見、病気では無く、生き生きとした姿として見えてしまう場合もあるのです。高まり過ぎる行動力の高まりは、周りが見えなくなり、自己中心的な行動も現れやすくなります。うつ病のみの心の病はありますが、一般的に、躁状態のみの心の病は多くありません。心身に大きなエネルギーが生み出された後は、そのエネルギーが消費され、心身に大きな疲労感を生み出す場合がほとんどだからです。そのため、躁うつ病として、元気が有り過ぎる姿と、極端に元気が無い姿を繰り返す特徴が現れやすい場合もあります。心療内科などの心の治療を行う病院は、躁状態に関わらず、心と体の両方の面から一緒に治療を行って行くのが一般的です。心と体は、お互い影響を与えあっている間柄であるため、薬物療法と精神療法を受けながら治療を受ける事になります。躁状態における治療は、エネルギーを抑える薬だと思われるかもしれません。躁状態は、天秤でイメージをすれば分かりやすく、天秤のネジが弱くフラフラしている様な状態なのです。そのため、心を安定させる薬として、薬物療法からは精神安定剤がよく利用されています。精神療法は、様々な治療法があり、心療内科などの病院によって違いがあります。躁状態を引き起こしている原因は、人によって様々なであり、この方法が全て効果的である方法とは、一概には言い切れないためです。例えば、恋愛で失恋した中で、躁うつ病を患ってしまう人もいれば、夢を挫折した中で、躁うつ病を患う人もいます。子供の頃のコンプレックスが、ストレスを抱えている原因かもしれません。自由連想法などの方法によって、抱えているコンプレックスを把握する方法や、催眠療法などで把握する方法などもあるのです。どの療法を使うかは、先生によって違いがあります。一般的に、うつ病は二年ほどの期間、躁うつ病は、それ以上かかる場合もあると言われています。ただし、心の病であるため、もちろん、早まる場合も当然あります。

Copyright© 2018 躁状態は双極性障害の一部【双極性障害に詳しい医師を選ぶと安心】 All Rights Reserved.