社会復帰までのサポートを

鬱

精神科医がいるか確認

双極性障害で医療機関にかかる際は、その治療を得意としているところが望ましいです。インターネットで検索するのが手っ取り早いですが、できない場合は地域の保健所や保健センターなどに問い合わせるのが有効です。特に躁状態では入院を必要とするケースが多いので、病床がある施設を探します。精神科及び心療内科にかかることを周りに知られたくない気持ちは、多くの人に見られる心境です。だからと言って、あまりにも自宅から離れた土地の病院を選ぶと通院治療する場合に大変ですし、交通費の負担が大きくなる可能性があるので注意が必要です。双極性障害は躁状態が一度落ち着いてもうつ状態に入ったり、そのサイクルを繰り返したりするのが特徴なため、長い間病院に通う必要があります。それに加えて、信頼関係を結べる医師であるかどうかも考慮したいところです。それから、治療は投薬に精神療法を併せて行うのが普通ですが、どのような精神療法を行うかについても確認しておきます。精神療法は躁状態やうつ状態が落ち着いてからの再発防止にも役立つものです。さらに再び社会に戻り、仕事を続けることも大切なので、職業訓練となるリハビリテーションを行ってくれる病院であればより安心です。躁状態にあるときの患者は気分がハイになっているため、病気であることを自覚することは滅多にありません。もちろん自分は困りませんし、程度によっては周囲も困らない場合があります。でも早くに治療を始めることが大切だとされているため、明らかにいつもと違う躁状態に入っている人がいれば、病院に連れて行くのがベストです。治療できる医師は精神科医で、医療機関は精神科単独が確実です。しかし近年精神科と共に心療内科を標榜していることが多く、心療内科単独でも心のクリニックなどという名称となっているため、混乱する人が多いかもしれません。本来心療内科は心身医学を専門とし、専門の疾患は心身症となっています。心身症は体の病気ですが、心の問題によって引き起こされる病気です。治療に心理療法が用いられることから、心療の名称が付けられているのです。ただ精神科と心療内科については、明確なボーダーラインがないので、確認してから受診するといいでしょう。精神科を受診しにくいという人でも、心療内科なら行きやすいと考える傾向にあります。クリニックや個人病院では精神科医が精神科と心療内科を併せて標榜して開業しているケースが多く、大病院で心療内科しかない場合は精神科医が治療に当たっているケースが多いです。また、神経科や精神神経科という診療科も存在しますが、精神科と同じと考えて構いません。

Copyright© 2018 躁状態は双極性障害の一部【双極性障害に詳しい医師を選ぶと安心】 All Rights Reserved.